言い訳をしない。

「言い訳をしない」「締切りをつくり、守る」

来年の目標はこれにしようかな。。

多くにさらされながら得られるものはとてつもなく大きなものだった。RSSフィードやソーシャルメディアにはとても感謝している。

そして、その中で自分とは何か。それを最も学ぶことができた。

これまで、専門性を高め、苦しみながら学び、一度ソーシャルメディアで開放した。そして、そこに自分の居場所を見つけた。ただ、ここは未来の居場所では無い。常に自らを変化させることが必要。そろそろ、再び苦しみながら学ぶ時期だ。

もちろん、アウトプットしながらの学び。自己責任時代の学び。

「言い訳をしない」

「締切りをつくり、守る」


ただひたすらに。

とにかく続けることだ。

きっとそこにストーリーが生まれる。

あらゆるものは時に近づき、時に離れる。

ソーシャルメディアでも同じ。

いつも寄り添えるのはほんの一握り。

ただ、数十年後、あっちで会おう。

向きだけ示して歩き始める。

群れること、組織をつくることはゴールではなく、事を成すための瞬間的な力。

組織など形あるものは全て形を崩し、またさまよい始める。

その破片には強い魂が宿る。

崩壊と再形成のスピードを速めてくれるのがソーシャルメディア。

そこにある魂の強さと組み合わせは無限。強ければいいというものでもない。

必要とされるなら、いつまででもそこにいよう。

そうでなければ、形を変えて、必要とされるところに向かう。

所属にとらわれてきた過去を捨てるのは本当に難しいことだと思う。

ただ、近い将来、きっと自分の力と人のつながりで一からやり直す人達が増える。

そうしなければならない未来がある。

なら、もっと自分に投資しよう。

ソーシャルメディアは自分を自分以上に見せることは決してできない。

これを広めること自体に価値はない。

携帯電話が当たり前のことになったように、ソーシャルメディアも当たり前になる。

「世界に自分をさらす」

この体験をすることこそが、今、必要なのだと思う。

ツールをひろめるステージはもう終わり。

己の無力さとわずかな光(=強み)に気づいた人だけが自ら次に進むだろう。

そこはデジタルでもアナログでもなく、より自分に近いところ。

「なぜ生きる」

私は2歳の息子が、30歳になる頃、彼が

「この街で生きていこう」

という選択肢を持てるようにこの街と家族に時間も強みも全てを投資していく。

金融や国家破綻になんて吹き飛ばされない、投資を続けよう。

「きっと笑顔が見られる」

そう信じて。誰になんと言われてもいい。

私は私を続けていく。ただひたすらに。



チャーシューメン大盛り。この極細麺と透きとおるスープが最高。 #y_ramen (Taken with Instagram at まるたけ食堂)