「場」から「Social Web」へ – ソーシャルメディアの変化 –

巷ではLinkedinやらGoogle+がどうたらこうたらという話が聞こえる。

まぁどうでもいいことです。

私たちの目標は毎日が輝かしく、忙しさの中にやりがいを見つけ生きていくこと。

その周りに笑顔の花が咲き、その花を見てまた周りの方々が動き出す。

その軸は「この街でこどもを育てたい!言われること」。これがYokotter。

それをどんなツールで行うかはどうでもいいことです。一番適しているものを選ぶのが私の役目ですから、私はもちろん勉強しなければいけませんが。何より大事な事は私たちの街に受け入れられると思われるツールを順に盛り上げて、そこに「場」をつくることでした。Yokotter起ち上げ当時にはFacebookとTwitterがありましたが、その当時は

  • 「人のつながり」はなかった。
  • 「プライバシー」や「自分をさらすこと」に対する強い恐怖感があった。
  • 万人に受け入れられる必要があると感じていた(フォロワーを増やすため)。

だからTwitterのハッシュタグ #yokote を使うことを思いついたのです。

いまや、 #yokote はラジオのように多くの人が時間のあるときに読み、自ら気軽に投稿できる場所になりました。

  • 情報が集まる場
  • 人力Q&A
  • コミュニケーションの場

となっていると感じています。

この中で私はひとつの変化を感じています。それは

  • 人々は「場」に集まって結局はいつもの仲間で行動していましたが、それが「場」ではなく「人」を起点に人がつながり、「場」というよりは、もう少し焦点の定まった「くもの巣 – Social Web -」のつながりになってきた

ということです。

このWebは自治体単位ではありませんし、組織単位でもありません。私が夢見ている「理念単位」でもありません。

あくまでも、「人」単位。

おそらく、この流れが進めば「理念」単位のWebになるかもしれませんが、今のところ社会は

  • 未来を想像させる
  • ずっと責任をとりつづける
  • マメである

といった「人 – ビジョナリー -」を真ん中に、Social Webを作っては壊している、そういうように見えます。

つまり、「 #yokote 」の役割のうち、「共感の持てる人とつながる」という部分の重要性がどんどん強くなっているのです。

私はこの役割を「#yokotter」に持たせようと思います。

Facebookはそのつながりを次のステージに運ぶツール。

この話はまた次回に。

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

    %s と連携中