接点。

横手の元気があふれてきた。。すっごいなぁ。。

ソーシャルメディアがあーだこーだとか関係ないよね、やっぱり。

結局は「人」だ。

人に触れられる接点と機会が増えた。それが革命。すごいことだけど、それ以上にはなれない。

あとはそこにちょっとした勇気。そして、スペース。

先輩が若い後輩達にスペースを創ってくれる。横手に帰ってきてよかった。

私は責任だけとる。

毎日が楽しいよ。この時代に生まれて良かった。


ニオイ。

街中がつながってきている気がする。

自分の周りのSNSを使っていない人にも情報が伝わり、情報を提供もしてもらっていることを考えれば、着実な変化が地方にも起きていると思う。

それはデジタル化とは全く異なり、市民の小さな声が多くの人に届くようになっただけ。

それがこんなにも気持ちを豊かにする。驚くべき変化だと、私は思う。

Facebookの利用者は東京に偏っている。企業としてのFBの利用にはこれはとても重要なこと。

ただ、地方のつながりは間違いなく広がり強固になってきている。なにせ「人くささ」が伝わってくるのだから。セミナーや交流会では届かない「ニオイ」が。

人は「ニオイ」に集まる。人くささに集まる。