contact point

企業の顧客接点について考える。
これは企業だけでなく、「私」という個人でも同じだ。
これまでは「強み」に焦点を合わせてきた。
これからは全ての「接点 contact point (CP)」にIdentityを投影することを意識しなければならないのだろう。
「オンとオフ」という仕事とプライベートという区分けはもう通用しない。
自分の Identity をどのCPに当て、そこを誰に開放していくか。
ソーシャルメディアは点と点の距離を一気に縮めてきた。
シンプルでアートのように美しく。
そのような接点を心がけていこう。

広告